糖尿病について

  1. トップ
  2. 糖尿病
糖尿病について

糖尿病の自覚症状とは?

血液中のブドウ糖(血糖)が一定量を超えると、体の中で変化が起こり、下記のような自覚症状を訴えます。
しかし血糖がかなり高くなっても、目立った症状があらわれない場合も多いです。
その後、症状が進行し、合併症(糖尿病網膜症・糖尿病神経障害・糖尿病腎症・脳梗塞・狭心症・心筋梗塞・壊疽など)
を引き起こす状態になって、初めて自覚症状に気づく事も少なくありません。
糖尿病は早期発見・早期治療が重要ですので、たとえ自覚症状がなくても、
健診や人間ドックで  「糖尿病の疑いあり」  といわれたら、一度きちんと検査を受けることをお勧めします。
来院の際には、健診や人間ドックの結果をお持ちいただくことをお勧めします。
来院についてのご不明な点は、お気軽にご相談ください。

03-3245-2800  糖尿病 外来 相談窓口 担当 (森)

主な自覚症状

  • 尿の量が増加する(多尿)
  • トイレに行く回数が増える(頻尿)
  • 喉がかわく(口渇)
  • 水を沢山飲む(多飲)
  • 体重が減る
  • 疲れやすくなる
  • 糖が尿にもれ出る(尿糖)

お問い合わせ

 

ご予約・順番確認

完全予約制
お気軽にご連絡ください

ご予約・順番確認
QRコード
↑上記QRコードで
ご予約・待ち時間ページへ

健康診断
予防接種

コラム Column